iPad 簡単に3Dクリーチャーがモデリングできる「123D Creature」

123D Creature123D Creature
開発者:Autodesk Inc.
カテゴリー:エンターテインメント
価格:700円

123D Creature

前記事「123D Capture」に続き、123Dシリーズの紹介です。

今回は、難しいこと抜きで簡単に人やら、動物やら、モンスターなどの3Dモデルを作ることのできる「123D Creature」です。

もう、触っててすごく楽しいアプリです。たまんないです。

説明も不要なくらい簡単な操作ではありますが、一連の流れを紹介してみたいと思います。

123D Creature

まずは、用意されたシンプルな人型のモデルから始めます。

このモデルを、画面下部に用意されたツールを使って、好きな形に加工します。

123D Creature

すると、こんな感じに。

Createツールを選択して、既存のポイントからドラッグすると、新たなポイントが作成されます。

123D Creature

ポイントの間のラインをタップすることで、途中にポイントを追加することもできます。

123D Creature

既存のポイントを選択すると、削除、カット、コピー、ペーストすることができます。

その他のツールは、動かしたり、膨らませたりです。

何も無い所をドラッグすることで、回転させたり、2本指でドラッグして移動することができます。

123D Creature

画面右上のボタン、左側をタップすることで、ポイントとラインを非表示にして、確認することができます。右側はモデルを画面サイズにあわせてくれるボタンです。

123D Creature

納得できる形ができれば、【Bake Skeleton】をタップすると、処理中となり、しばらく待ちます。

123D Creature

処理が完了すると、スカルプトモードや、ペイントができるモードに移行します。

123D Creature

“Sculpture” は彫刻の意味で、盛り上げたり、へこませたり、なめらかにしたりするモードがスカルプトモードです。

骨組みを作る段階で再現できなかったところを修正したり、こまかな箇所を作り込みます。スクリーンショットでは、そんなに細かく修正していませんが…。

123D Creature

ペイントモードでは、ペイントブラシや、エアーブラシを利用して塗り塗りします。

123D Creature

イメージペイントを利用すると、用意された写真の他、自分で用意した写真をモデルに塗り塗りすることができます。

123D Creature

例えばこんな感じ。

123D Creature

今回は、犬の毛っぽいものを選択してみました。

123D Creature

色塗りも完了したら、次はレンダーです。

レンダーでは、照明、背景、エフェクト、画像の向きを設定することができます。

完成した画像は、メールで送ったり、アドレス帳に登録したりできます。

保存した3Dモデルは【Export Mesh】で、obj形式でメールしたり、iTunesに書き出すことができます。

123D Creature

書き出したモデルをMac用の3Dアプリ「Cheetah3D」で開いてみました。ばっちりですね。

123D Creature

メッシュはこんな感じです。

123D Creature

今回作ったのはしょぼいものでしたが、コミュニティを覗くとすごい作品がてんこ盛りです!iPadでここまで作り込めるってすごいですよね!

これらの作品はダウンロードして利用することもできます。

最初にも書きましたが、触っていて時間を忘れるほど楽しいアプリです。3Dのモデリングは難しそう…と思って、手が出せなかった人も、このアプリなら驚く程簡単操作なので、おすすめです!

123D Creature123D Creature
開発者:Autodesk Inc.
カテゴリー:エンターテインメント
価格:700円

123D Creature

No comments yet.

コメントの投稿

CAPTCHA


トラックバックURL:http://www.app-list.net/2013/02/25/123d-creature/trackback/

ページの先頭へ