AppList

iPhoneアプリ、iPadアプリ、Macアプリ、iBooksの値下げ・セール情報とランキング

iPhoneやiPadが3Dスキャナに「123D Catch」

123D Catch123D Catch 開発者:Autodesk Inc. カテゴリー:写真/ビデオ 価格:無料 123D Catch iPhoneやiPadで、複数の写真を撮影し、3Dモデル化してくれる夢のようなアプリ「123D Catch」。 夢のようなアプリでありながら、無料です。 おもしろそ〜ということで、手近にあっただるまで試してみました。 123D Catch このだるま、だいぶ前に、飲み屋さんで「色々な願いがかなうんですよ〜」とカラフルなだるまを見せてもらい「ピンクは恋愛成就です。あなたはこれですね」と、半ば強引に頂いたものです。 片目が塗りつぶされていないということは…まぁ、そんな話はどうでも良くて…。 テーブルに置いた、だるま周辺をぐるぐる回りながら、けっこうテキトーな感じで撮影しました。高さを揃えた方がいいのかなぁ…とも思ったのですが、とりあえず試しにといった感じです。 結果はこんな感じです。 123D Catch テーブルの一部まで3Dモデル化されてしまっていますが、だるま部分は、なかなか正確に再現されています。びっくり。 もちろん3Dモデルなので、指でぐりぐり回したり、画面下部のジャイロボタンをオンにすることで、iPhoneの傾きに合わせて角度を変えることもできます。実際動かしてみると、なかなか楽しいです! さて、この3Dモデル。折角なので、他の3Dアプリケーションで使えるようにできないか調べてみました。 123D CatchのWebサイトを見てみると、Windows用の123D Catchがありました。残念ながらMac用はありません…。 Windowsマシンはチープなネットブック(WindowsXP)しかないので、試せるか心配でしたが、大丈夫でした。サクサクではないですが…。 エクスポート形式を確認したところ、様々な3Dアプリケーションで利用できるobj形式の他、dwg、fbx、rzi、ipm、las形式で書き出すことができました。 試しにobj形式で書き出して、Mac用の3Dアプリ「Cheetah3D」で表示してみたものがこれです。 123D Catch テクスチャ(3Dモデル表面に貼り付けられた画像)も、問題無しです。 123D Catch メッシュはこんな感じです。 ちなみに、Windows用の123D Catchでは、3Dモデルを動画にして、YouTubeにアップすることも可能です。 123D Catch 簡単な編集であれば、プラグインをインストールしたSafariでも可能です。プラグインは、123D CatchのWebサイトの「Launch the web app」をクリックし、画面上部の編集ツールにカーソルを合わせることでダウンロードできます。 せめて、こちらから3Dモデルの書き出しができればうれしいのですが、残念ながらそれはできないようです。今後、できるようにしてもらえるとうれしいですね。 最近、家庭用3Dプリンタの話題もよく目にしますが、セットで使えば、3Dのコピーなんてことも簡単にできるようになるかもしれませんね。 123D Catch123D Catch 開発者:Autodesk Inc. カテゴリー:写真/ビデオ 価格:無料 123D Catch