AppList

iPhoneアプリ、iPadアプリ、Macアプリ、iBooksの値下げ・セール情報とランキング

ビデオブログにも最適なお手軽動画編集アプリ「Moso」

MosoMoso 開発者:MoSo inc. カテゴリー:ビデオ 価格:無料 Moso 手軽に動画編集からYoutubeへのアップロードができるMacアプリ「Moso」の紹介を兼ねた、サンプル動画です。 この動画は、実際にMosoで編集、アップロードしてみたものです。 (動画の中で「モソ、モソ」って何回も言っちゃってますが、正しくは「モーソー」でした。すみません。@wazamasterさんに教えて頂き、由来については『日本語の「妄想」から名付けています。楽しいビデオを作ってもらえるように名付けました。』ということでした。) 「Moso」は日本の会社が開発されたもののようで、Webサイトも日本語のものがありますが、今のところ操作方法について記載されているページが見当たりませんでしたので、簡単にどのように動画を編集するのか、紹介してみたいと思います。(以下の文章は、動画で説明している内容とほぼ同じです。) 最初試してみた時に、動画の読み込み方法や、編集方法にとまどったんですが、素材の準備パートと撮影パートに分かれているということが理解できれば、確かにお手軽に動画の編集を行うことができました。 素材の準備パートというのは、使用したい画像や動画を読み込み、時系列に並べるという作業になります。また、撮影中に使う音楽や、テロップなどのモーションテキスト、サウンドエフェクトの使用の有無の指定を行います。 撮影パートというのは、準備パートで時系列に並べた画像、動画を順に表示し、リアルタイムにテロップを表示したり、サウンドを再生しながら撮影を行う作業になります。この撮影という作業が、「Moso」での編集機能にあたり、最終的に動画に書き出すことになります。 ※撮影パート、準備パートという呼び方は、僕が勝手にそう呼んでいるものです。 では、実際の画面で説明します。 Moso まず起動するとこのような画面が表示されます。 この画面は、先ほど説明した撮影パートの作業を行う画面で、右上に表示されている「STUDIO」タブが表示されている状態です。僕が最初動画の読み込みなどの操作にとまどったというのは、この画面ではじめから編集を行おうとした為です。 Webカメラや、外部につないだカメラでの撮影のみ行う場合は、RECボタンを押すことですぐに撮影を始めることができるようですが、今回の動画のようにスクリーンショットなどの画像や、最初に表示されたAppListのロゴモーションのような動画を撮影(録画)したい場合は、画面右上の「SETTINGS」タブを選択して、素材の準備が必要となります。 実際の「SETTINGS」画面がこちらになります。 Moso 先ほどの「STUDIO」画面とよく似たものですが、右上から左下に向かって「MUSIC」「10-KEY EFFECTS」「MOTION TEXT」「STORYBOARD」「WEB CAM」という白い罫線で囲まれた文字が表示されています。 この罫線に囲まれたエリアをクリックすることで、それぞれのエリア上に書かれた文字の素材を用意することができます。 こちらも順に説明します。 Moso まず「MUSIC」の画面です。最初から左側に表示されている4つの曲が用意されています。使いたい他の曲がある場合は、右側に表示されている「IMPORT MUSIC FILE」という大きめのボタンを押して、該当の音楽ファイルを読み込むか、4つの曲が表示されているエリアに直接音楽ファイルをドラッグ&ドロップすることで読み込むことができます。 音楽の準備ができれば、右下のOKボタンをクリックすると先ほどの画面に戻ります。 次に「10-KEY EFFECTS」の画面です。 Moso 「10-KEY EFFECTS」というのは、アニメーションとサウンドで表現される拍手や歓声、笑い声、また電話の音や動物の鳴き声などが用意されており、撮影パートでいつでも再生することができるというものです。 ちょっと試してみましたが、こちらには新規のサウンドエフェクトなどの追加はできないようです。たぶん。 画面上部に表示されているものが、サウンドエフェクトのカテゴリで、各カテゴリには右側に表示されているように、9つのサウンドエフェクトが登録されています。実際の撮影時には、数字の0キーを押すことで、カテゴリの変更、1〜9のキーを押すことで、該当のサウンドエフェクトを再生することができます。 ちなみに、カテゴリ右上のチェックボックスに×を入れておくと、撮影パートでそのカテゴリが表示されなくなります。また、各カテゴリはドラッグ&ドロップで順番を入れ替えることもできます。 次は「MOTION TEXT」です。 Moso こちらでは、動画のオープニングタイトルや、テロップなどを用意します。 画面下中央の「INPUT TEXT」と書かれたエリアに、表示したいテキストを入力し、画面左下のサムネイルからどのように表示するかを選択します。 次は「STORYBOARD」。 Moso この画面では、実際に撮影を行う際に表示する画像や動画を読み込み、再生したい順に画面下に並べていきます。 画面一番下には「WEB CAM」「PHOTOS & VIDEOS」「STORAGE」というボタンが並んでいます。「WEB CAM」をクリックすると実際の撮影時にWebカメラを利用するタイミングを指定できます。「PHOTOS & VIDEOS」では、画像や動画ファイル選択ダイアログが表示され、「STORAGE」では、これまで「Moso」で作った動画を選択することができます。 なお、撮影時にWebカメラに切り替えたい場合は、カーソルキーの左を押すと即切り替える事ができました。Webカメラでの撮影時はカーソルキー右で、あらかじめ用意したSTORYBOARDに戻ることができます。 また、この画面では、プレビュー画面にカーソルを移動することで、静止画、動画にあわせた簡単な編集ツールが表示されます。 Moso 静止画の場合は、左側に表示されているツールが左右回転、右側が拡大縮小です。 Moso 動画の場合は、再生ボタン、タイムライン、音量のツールが表示されます。タイムラインの左右にあるツールが撮影時に再生箇所を指定するもので、このツールで選択した場所の内部もしくは外部をクリックすると、画面のように「CUT」と「COPY」メニューが表示されます。 「CUT」はそのエリアを消去し、「COPY」はそのエリアを複製して、STORYBOARDに追加します。 最後は「WEB CAM」です。 Moso こちらの画面では、どのWebカメラ、マイクを使うかの指定や、Webカメラの明るさやコントラストの調整を行うことができます。 ここで、マイクから音声を入れる設定にした場合、Macから再生された音もそのまま録音されてしまうので、撮影中はMacの音量はミュートしておいた方が良さそうです。 これで、準備パートは完了です。 では画面上部の「STUDIO」タブをクリックして、撮影パートにうつります。 Moso 準備パートの説明で、ほぼこの画面の説明も不要かと思いますが、右側には、撮影中の音楽再生、再生中のサウンドエフェクトの再生、再生中にタイトルやテロップの表示機能が並んでいます。 画面左下のWEB CAMには、準備パートで設定したWebカメラの映像が表示されます。 STORYBOARDには、準備パートのSTORYBOARDで並べた画像や動画が並んでいます。 その上の「REC」ボタンを押すといよいよ撮影スタートです。 撮影をスタートすると、STORYBOARDの画像、動画を順に表示していくことになります。動画の場合は、動画の再生が終了すると自動的に次の画面に移動します。 静止画の場合は、自分のタイミングで「NEXT」ボタンをクリックすることで、次の画面に移動します。先ほど少し説明しましたが、ここでカーソルキー左を押すとWebカメラに切り替えることができます。Webカメラを表示している時に、カーソルキー右を押すとSTORYBOARDに戻ります。 「NEXT」ボタンをクリックすると、マウスのクリック音をひろってしまうので、左右移動のショートカットキーは無いかと試してみたところ、コマンドキー+左右のカーソルキーでSTORYBOARDの前後に移動することができました。 Moso 動画の書き出しは「STOP」ボタンをクリックするか、STORYBOARDの最後まで行くと表示される「END」と表示されたところまでいけば、書き出し設定の画面が表示されます。 Moso 書き出しはテレビ用、ネット用、モバイル用が選択できます。複数選択も可能です。撮影をやり直したい場合は「RETAKE」ボタン、OKなら「OK」ボタンです。 「OK」ボタンを押すと、撮影したものが書き出され、画面上部の「STORAGE」タブの画面に移動します。 Moso あとは、公開したい動画を選択して、画面下に表示されている「Twitter」「facebook」「YouTube」ボタンをクリックし、内容を入力後「UPLOAD」ボタンをクリックすれば、簡単に公開することができます。 Twitterではハッシュタグ「#MosoApp」があらかじめ入力された状態ですので、このアプリで作成された動画も見る事ができます。 簡単に動画編集〜公開を行いたい方はもちろん、高機能な動画編集アプリをお持ちの方も、手軽にフォーマット化された動画の作成という用途で、かなり使えるアプリじゃないかと思います。 個人的にも、今後ビデオブログとかやってみたいなぁと思わせてくれる面白いアプリでした。 MosoMoso 開発者:MoSo inc. カテゴリー:ビデオ 価格:無料 Moso