iPhone iPad iPhone+iPad Wi-Fiモデル持ちの人は必見!iPhoneの3G回線を利用してiPadでWebサイト閲覧

CoBrowserCoBrowser
開発者:collect3
カテゴリー:仕事効率化
価格:¥1,200

CoBrowser

iOSはテザリング機能(Wikipediaのテザリング解説ページ)を持っていますが、ソフトバンク回線での利用は出来ないようになっています。

ということで、当然ですがWi-Fiの無い状況では、他の回線契約をしないと、iPad Wi-FiモデルでのWebサイト閲覧は出来ません。

しかし!この「CoBrowser」があれば、iPad Wi-Fiモデルでも、iPhoneの3G回線があればWebサイトの閲覧が可能になります。素敵。

僕は外出中にiPadでWebサイトを閲覧したいという思いはあったものの、iPhoneと2回線契約するほど外では使わないかなぁ…とiPad Wi-Fiモデルを選択したのですが、そういう方はきっとけっこう多いですよね。

僕と同じ選択した人にはぴったりの、便利過ぎるアプリだと思います。

残念ながら、MacでiPhoneの3G回線を利用することは出来ませんが、それでもいいっ!うれしい。iPadでも充分画面大きいですしね!


iPhoneの3G回線を利用しているiPad側でページの移動を行うと、iPhone側で承認が必要ですが、ワンタップなのでそれほど気にはなりません。

ちなみに、ホストとなっているiPhone側でページを移動する時は、この承認ダイアログは表示されません。

CoBrowser

接続方法は、回線につながっている方がiPhone、その回線を利用したい方をiPadとすると、まずiPhone、iPad両方の「CoBrowser」を立ち上げて、iPhoneの【Host Session】をタップします。

CoBrowser

次にiPadの【Join Session】をタップします(【Host Session】【Join Session】をタップする順番はどちらからでもOK)。回線がつながっていない端末側には【Host Session】は表示されません。親切設計ですね。

CoBrowser

するとiPadにiPhoneと表示されますので、それをタップします。

CoBrowser

iPhone側に接続して良いか確認ダイアログが表示されますので【YES】をタップで接続完了です。

あ、Bluetoothで接続するので、iPhone、iPadの“設定”→“一般”に表示される“Bluetooth”をオンにするのをお忘れなく。

これを書くにあたって、iPadで接続された回線を利用して、iPhoneで閲覧も問題なく行えるか試してみました。

残念ながら僕は3G回線につなげるiPadを持っていないので、iPad をWi-Fiネットワークに接続した状態で、Wi-Fi、3G回線ともに切断した状態のiPhoneを「CoBrowser」で接続してみました。

結果、問題なしでしたので、3G回線に接続できるiPadとiPod Touchという組み合わせも可能かと思います。たぶん。

仕組みとしては3G回線につながった端末(例えば3G回線につながったiPhone)で取得したデータを、Bluetooth経由で3G回線につながっていない端末(例えばiPad Wi-Fiモデル)に送信しているようなので、きっと3G回線を占有しちゃうことも無いですよね。

これ、OSレベルで、しかもOSXも含めて対応してくれると、ノートパソコンでも利用できて、めちゃめちゃうれしいですよね…おっと欲出てしまいました。外出中、iPadでWebサイトが閲覧出来るだけでも大満足です。

今年1番お気に入りのアプリ「Air Display」とともに、かなりオススメです!

CoBrowserCoBrowser
開発者:collect3
カテゴリー:仕事効率化
価格:¥1,200

CoBrowser

No comments yet.

コメントの投稿

CAPTCHA


トラックバックURL:http://www.app-list.net/2010/12/01/cobrowser/trackback/

ページの先頭へ